ホーム > 記事一覧 > 地区情報 > 朝日地区 > 内郡 > カタクリ生息地の整備と地権者説明会

カタクリ生息地の整備と地権者説明会

自然環境・産業部会 「自然ふれあいゾーン整備事業」の一環として

先日の草刈りボランティア活動に引き続き

内郡区の地権者、関係地係代表者に、11月17日(日)現地説明会を行いました。

説明会1

B&G東側町道を500m程北に進むと、池へと続く登り口があり

山頂に向かって150m程登ると池が現れます。

池には鯉が優雅に泳いでおり、周りには紫式部が自生している現地で

自然を損なわないような整備をしていくことで

皆さまから理解を得ることができました。

説明会2

私もこの時初めて訪れたのですが

マイナスイオンたっぷりの現地は、少し神秘的で

木漏れ日がキラキラと、とても眩しかったのが印象に残っております。

喧噪を忘れさせてくれる大自然の中は

エネルギーをしっかりチャージすることができますね。

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

そして午後からは、カタクリ生息地と登山道の整備をしました。

カタクリの生育には支障となるアオキやサカキ等の常緑樹を

1本1本手でむしりとっていく部会員の皆さん。

整備1

整備2

団結した部会員さんのご協力により

春にはカタクリの可憐な花が見られるかも・・・♡。

これから冬の間はカタクリ生育研修会などをおこない

春には登山道や池周辺の整備も引き続きしていく予定です。

整備3

とても勇ましくみえます部会員の皆さま、大変お疲れ様でした^^

ご協力ありがとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です