糸生地区」カテゴリーアーカイブ

親子ホタル鑑賞会でした!

6月21日夜はe-とこ朝日『親子ホタル鑑賞会』でした。

朝日コミュニティセンター内ホールにて

河和田自然に親しむ会の方に

ホタルの一生に関する紙芝居をしていただきました。

ホタルHP4

紙芝居をしっかり聞いていると

この後にある まるバツクイズ にスムーズに答えられるというものです。

子どもたちも大人の方もしっかりと正解していました!

ホタルHP2

 クイズの景品のお菓子が

なぜか少し足りない騒動がございましたが(笑)

それから一行はバスに乗り、小川区(奥糸生)へと移動します。

川沿いの道を徒歩でくだりながら

「わぁ!ホタルが集合しているみたい!!」

「光が1こだから、これはメスだね!!」

ホタルが寄ってくるたびに、あちらこちらで子どもたちの歓声が響きました。

講師の方のわかりやすい説明を聞きながら鑑賞できたので

知識がないまま挑むのとは異なります^^♪

ホタルが放つほのかな光が、非日常的な世界にいざなってくれましたネ♡

 

ホタルの舞を通して、日本の四季を感じることができる・・・

素晴らしいことですよね。

あらためてそう思いました。

夏が待ち遠しいです!

ホタルの里看板は、杖立区の農道(多目的集会所前)に設置させていただきました。

ホタルHP3

これからもホタルたちの住みやすいエリアが

もっともっと増えるように祈りながら

親子ホタル鑑賞会の報告とさせていただきます!

ご参加いただいた23名の方、河和田自然に親しむ会の方

ありがとうございました。

(来年もできるといいなぁ♪)

親子ホタル鑑賞会!

2014年6月21日
7:00 PM

梅雨前線が停滞しているのか、

ダークな雲が空に広がってきたような気がする朝日地区ですが、皆さんいかがお過ごしですか。

楽しめる企画がたくさんのe-とこ朝日ですが

6月21日(土)夜7時からは、『親子ホタル鑑賞会』がございます!

 003388

夜の7時に朝日コミュニティセンターに集合していただき

紙芝居でホタルについて学んでから

ホタルを鑑賞しに奥糸生方面へバスで向かいます。

少し説明を聞きながら、ホタルが醸し出す幻想的な世界をしばしお楽しみください♪

当日の装いは虫や蛇が出やすい地域なので長靴に長袖・長ズボンなど

持ち物は雨具、筆記用具となっております。

なお、こちらは事前予約が必要ですので

6月16日(月)までにe-とこ朝日事務局(34-7771)までお申込みください^^

ホタルの一生についての紙芝居もあることから

一応、親子対象となっておりますが

お一人様でもお気軽に申し込んでみてくださいね^^

いとうエコキャンドル2013 イベント編

お待たせ致しました!

先日行われたいとうエコキャンドル

行きたかったのに行けず、見逃してしまったという方!

このeーとこ朝日のホームページでどうぞご覧ください!

行ったという方もご一緒に写真で振り返りましょう。

 

ゆらゆらと揺れる優しい灯りが

グラウンド一面に広がっていて

それはそれはロマンティックでしたね・:*:.・,・ヾ(*´∀`*)ノ。・:*:.・,・

DSC_0047mm

ちがう星に降り立ったのかと思うくらい夢幻の世界へいざなってくれました。

写真で見てもとっても美しい!!!

 

さて・・・我々のキャラクター『あさりん』は・・・

あっ!!いましたいました!!

DSC_0028m

左のほっぺと「e-とこ朝日」の“日”の文字のキャンドルが

火をつけてもつけても消えてしまい

あさりんをうまく浮かび上がらすことができませんでした・・・

遺憾にたえない。。。(-人-;)(;-人-)

 

こちらは建物3階から全体を見下ろしたキャンドルアートです。

DSC_0020m

今年のテーマでもある

泰澄大師が修行のため歩いている様子が一目瞭然です^^

今年から取り入れたカラーキャンドルも、より一層盛り上げてくれていますよね!

 

そして写真右側にチラッと見えるのが

宗生流剣詩舞道会の皆さまによるキャンドル舞道です!

灯りと舞が融合し、一味ちがうステージをお楽しみいただいたのではないでしょうか。

キャンドルアートをより楽しんでいただこうと

毎年異なった様々な仕掛けを考える住み良い糸生を創る会の皆さま

大変お疲れ様でした!

今後も変わらぬご指導の程よろしくお願い致します。

e-とこ朝日でも、このように地域の活性化に繋がり

住民もお客様も楽しめるようなイベントも企画して参りたいと思っておりますので

皆さまもご期待ください。

いとうエコキャンドル2013

今回で4回目を迎える『いとうエコキャンドル2013』

イベントのチラシが出来上がってきたようなので

e-とこ朝日のホームページでもご紹介させていただきます!

皆さまも是非クリックしてご覧くださいね♪

2013いとうエコキャンドルチラシpdf

チラシでは主なイベントのタイムスケジュールや催しの内容をチェックできます。

キャンドルの数は約3万個!

心を和ませてくれるキャンドルの灯りが、幻想的な世界へいざなってくれますよ☆

 

<いとうエコキャンドル

9月22日(日) 生涯学習センター糸生分館

キャンドルの点火は18時から>

 

当日は私が司会を務めさせていただきますので

皆さま是非お越しください(〃ノ∀`〃)ポッ

一緒にノスタルジックな夜を迎えましょう♪

いとうエコキャンドルの製作現場

秋の気配をそこはかとなく感じます今日このごろ

皆さまいかがお過ごしですか。

 

先週土曜の夜は、いとうエコキャンドルの製作現場に行って参りました!

t02200224_0800081312676516393

この日は丹南CATVの取材でニッキ玉さんもいらっしゃってて

製作現場も賑わっていました。

 

<こちらは9月14日(土)~20日(金)まで

丹南ふれあい百景おたっしゃ珍道中にて放送予定です。

是非ご覧ください!

・9:00~  ・14:00~  ・21:00~ >

 

微力ながら私もお手伝いさせていただきましたよヽ(・∀・)ノ♪

t02200293_0800106712676516537

私、普段は事務的業務が主であり

自分の仕事を一人でこなしてくことがほとんどです。

ですので、このように一人ひとりのパフォーマンスが集結されて一つの形になる

粛々としたライン作業に、なぜかとっても魅力を感じます・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ

この秋、達成感や連帯感を感じたい方にはお勧めです!

今週土曜も(9月14日)生涯学習センター糸生分館の駐輪場にて

19時から製作していますので、是非お手伝いにいらしてくださいね。

 

そして、このいとうエコキャンドルは9月22日(日)

13時30分から各種プログラムが始まりますが

私が今回、司会をさせていただくことになりました!!o(>∀<*)o

大変おこがましいのですが、全力で務めさせていただきますので

皆さまも是非、足をお運びくださいませ!

お待ちしております。

プログラム詳細は、また後日このホームページでもお知らせ致します♪

いとうエコキャンドル2013

今年もいよいよ『いとうエコキャンドル』の季節がやってきますね!

ただいま準備のために、生涯学習センター糸生分館にて

毎週土曜の夜、こうしてキャンドルを作っています。

DSC01140m

 

80度に熱した廃油をカップの中に流し込み

油が固まる前にヒモをいれていき・・・

(カップの底に見えるのは・・・

円形にくりぬいた牛乳パックで、切り込みにヒモが挟んであります。)

ヒモが容器のほぼ真ん中にくるよう

支える木をおいて・・・固まるのをまちます。

DSC01144m

 

昨年もお手伝いさせていただいたのですが

この流れ作業からなる連帯感や生産ライン感が

結構好きだったのを思い出しました!

まだ暑さ残る晩夏の夜に

皆さんとお話しながらワイワイ作業をしている時間は

夏の思い出の1ページとなっています。

 

今年も、来週からお手伝いさせていただきますので

住み良い糸生を創る会の皆さま、またご指導のほどよろしくお願い致します!

055m

こちらの写真は、昨年のいとうエコキャンドルの様子です。

泰澄大師がキャンドルで大きく描かれており

それを建物3階から見下ろしています。

 

 

ゆらゆらとしたキャンドルの優しい灯りが一面に広がり

幻想的な世界へいざなってくれますよね。

 

047m

よーく見ると

『あさひコミュニティ』という文字が・・・ヽ(*`゚∀゚´)ノォォォォォォォォォォ!!

 

060m

 キレー♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キレー♪

 

今年は約3万個を目標に

毎週土曜午後7時半から、生涯学習センター糸生分館の自転車小屋にて

糸生地区の皆さんと作業をしているので

是非皆さまもいらしてくださいね。

DSC01142m

< 第4回いとうエコキャンドル 平成25年9月22日(日)  >

 当日のタイムスケジュールなど、詳細はまた後日お知らせします!

上糸生にて集落説明会

4月13日(土)に上糸生集落生活改善センターにて

上糸生区・脇区の地域振興計画の説明会を行いました。

413土上糸生集落説明会h-089.jpgぼかし

 

15名の方にお集まりいただき、

上糸生を住みやすいまちにしていくには

どのようにしていったらいいのか等、沢山ご意見をいただきました。

上糸生・脇の皆さま

お忙しい中色んなご意見ありがとうございました。