ホーム > 記事一覧 > お知らせ > 報告:連続講座 泰澄大師が開いた越前五山第3回目 蔵王山吉野ヶ岳 7/14(金)

報告:連続講座 泰澄大師が開いた越前五山第3回目 蔵王山吉野ヶ岳 7/14(金)

少し雨の多い夏となりましたね。

少し時間が経ちましたが思いだしてください。表題の講座が行われました。

zaozan現地の郷土歴史家、種本甚平氏のお話をいただきました。永平寺と松岡の間にある山です。1時間程度で登れます。道の整備は良いようです。山頂の眺めも良いです。現地では蔵王山の方が名の通りは良いようです。

永平寺との関わり、奈良県の吉野山との関係などが語られました。

白山開山1300年に合わせて、年表や家紋の整理、花立て地蔵の建立、石碑の建立、絵馬の作成、法要、法螺の吹奏の6件の催しを行ったそうです。上記写真の鳥居右脇に大きな石碑が立てられました。

さて次回第4回目は、8月30日(水) 午後7時30分~9時、e-とこ朝日コミュニティセンターで、日野山について、日野神社総代代理、近藤慧氏に語っていただきます。お忘れにならないようにしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です